恋愛心理

喧嘩中のカップル必見!!喧嘩中のNG言葉と上手な仲直り方法

 

こんにちは、ひなこです!

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

「彼氏と喧嘩しちゃったよ~」

先日、友達から泣きそうな声で電話がありました。

 

どうやら些細なことで彼と喧嘩に発展してしまって、気まずい雰囲気だったみたい・・・。

 

付き合うってラブラブ楽しいことばかりじゃないですよね。

 

私も旦那さんと付き合っている頃はよくぶつかり合って、おも~い空気が流れることが度々ありました。

お互いのことを知っていって、相手の嫌なところも見え始めてくるとどうしても喧嘩は避けられないんじゃいないかなと思います。

 

喧嘩をしないに越したことはないけれど、より分かり合うために必要な喧嘩もあると思うんです!

 

そこで今回は・・・

  • 喧嘩中に言ってはいけない言葉
  • 上手な仲直りの方法

をお教えします!!

 

電話をくれた友達にもこれを伝えたら、後日「仲直りできたよ~!ありがとう♡」と嬉しい報告をしてくれました(*^^*)

彼との喧嘩に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

カップルの喧嘩で絶対NGな言葉3つ

喧嘩の最中ってカ~っとなって、思ってもいないことまでつい言ってしまいがちですよね(^-^;

「あっ!」と気づいたときには時すでに遅し・・・

引っ込みがつかなくなってエスカレートしたり、そのせいで相手を深く傷つけてしまったり。

私にもそんな経験があるので「つい・・・」という気持ちもわかります。

 

でもどんな理由で喧嘩をしていようとも、絶対言ってはいけないNGな言葉ってあるんですよね。

その3つのNG言葉、ご紹介したいと思います。

 

「別れたい」

本当は別れたくなんてないのに、その場の勢いでつい言ってしまったことがある人もいるのでは??

 

でも、「別れたい」と言われたら彼だって売り言葉に買い言葉で「じゃあ別れよ!」って言ってしまいたくなりますよね。

 

お互い本気で言ったわけではないのに、引くに引けなくなってそのまま喧嘩別れになってしまうなんて悲しすぎます。

 

「別れたい」という言葉は、本気でそう思った時以外では絶対言わないようにしましょう。

 

喧嘩から別れ話に発展してしまったけど、仲直りしたい!
そんな時はこちらの記事を読んでみて下さい。

 

「嫌い!」

私も昔、とっさに「もう嫌い!」なんて言ってしまったことがあるのですが、彼の悲しそうな顔を見てすぐに「しまった・・・」と思いました。

 

好きな人に、たとえ喧嘩中であっても「嫌い」なんて言われたら、とってもショックですよね。

 

一度口に出してしまった言葉はもう戻ってきませんし、その一言が彼を深く傷つけるかもしれません。

 

自分が言われて嫌なことは彼にも言わない。

 

当たり前のことだけど大事なことですよね!

 

「どうでもいい」

怒ったり、喧嘩をしたりすることってすっごく疲れますよね・・・。

 

納得はしていないけど、早く喧嘩を終わらせたい気持ちから「もうどうでもいい」と言ってしまう気持ちも、よくわかります。

 

私は今でも旦那さんとの喧嘩中に言ってしまいそうになることがしばしば(^-^;

 

だけど、自分の気持ちをぶつけている途中で、「どうでもいい」と言われたら「どうでもいいって何!?」「こっちはどうでもよくないよ!!」と思いますよね?

それって、わかり合うことを諦めてしまうってことになると思うんです。

 

喧嘩は長引かせないのが一番!

 

ですが、喧嘩に疲れて「どうでもいい」と言ってしまいそうになった時は、少しだけ時間をおいてみましょう。

 

相手の意見を冷静に受け止める時間を作ることで、歩み寄ってみようかなという気持ちも芽生えてくるはずです(^^)

 

上手に仲直りする方法3つ

喧嘩をした後の気まずい雰囲気を一刻も早く終わらせたい!

でも、どう切り出していいかわからない・・・。

 

喧嘩後の第一声ってとても勇気がいりますよね。

そこでつづいては上手な仲直り方法をご紹介します。

 

素直に「ごめんなさい」を言う

やっぱり仲直りの基本は「ごめんね」と素直に謝ることです。

 

「そんなことわかってるよ!」

「それがなかなかできないんだよ・・・」

と思ってしまった方もいますかね(^-^;

 

でも、仲直りしたいなと思ったら「ごめんなさい」の一言は必須です!

 

もし面と向かって言う勇気がなかったら、LINEや手紙でも大丈夫。

特に直筆のお手紙はより気持ちが伝わりやすいので、直接謝る勇気が出ないなという方は気持ちのこもったお手紙を彼に渡してみて下さい♪

 

「言いにくいことも話してくれてありがとう」と感謝を伝える

喧嘩の真っ最中はイライラばかりで感謝どころではないですよね。

 

ただ、冷静になってみると意外と彼の言っていることが的を射ているということも・・・

今後の二人の未来のために、彼が喧嘩を覚悟で指摘してくれている場合もあるかもしれません。

 

そんな時は「言いにくいことも伝えてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

 

「ごめんね」と「ありがとう」は魔法の言葉です♪

 

彼に原因がある場合は、条件を付けて許す

例えば、待ちに待ったデートに彼が寝坊で大遅刻!

など、明らかに彼に原因がある場合。

 

「こっちは早く会いたくてたまらなかったのに!」という思いからイライラ。

きつい言葉で怒り過ぎたかも(>_<)

仲直りしたいけど、すんなり許すのもモヤモヤする・・・

 

そんな時はちょっとした条件を付けて許してあげましょう。

「今度美味しいご飯奢ってね♡」

「~に連れて行ってくれたら許してあげる♡」

など、可愛げのある条件がポイントです(*^^*)

 

最後に

なるべくなら喧嘩なんてしたくないですよね。

でも長く付き合えば付き合う程、一度も喧嘩をしたことがないカップルなんてごくわずかです。

 

だからこそお互いに傷つけあうための喧嘩じゃなくて、分かり合うための喧嘩にしましょう!

そのために、喧嘩中に言ってはいけない3つの言葉はこちら!

喧嘩中に絶対NGな言葉
  1. 別れたい
  2. 嫌い
  3. どうでもいい

興奮している喧嘩中は、つい言ってしまいがちです。

普段から喧嘩のルールとしてこの3つの言葉は絶対言わない!と決めておきましょう!

 

喧嘩したあとの上手な仲直りの方法3つはこちら!

上手な仲直り方法
  1. 素直にごめんね
  2. 言いにくいことも伝えてくれてありがとう
  3. 彼に非がある場合、条件付きで許す

 

彼との喧嘩に悩む皆様が、1日も早く仲直りして笑い合える日常を取り戻せることを願っています(*^^*)

 

少しでも彼との喧嘩を減らしたいとお悩みの方は、こちらの記事もおすすめです!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

「幸せな恋愛なんてありえない…」最愛の人との幸せな恋愛を叶えられないあなたへ
ボンレスハムと陰で言われていて、全てを諦めた私。
ぽっちゃり地味子だったのに、半年で6人に告白され超モテ女と呼ばれるまでのお話。
ただモテるだけと思わないで…♡
あなたが意中の男性から深く愛されるようになるヒミツ、ぎゅ~っと詰め込みました(^^)/